WebS@T

ぜい弱性診断サービス
  • HOME
  • WebS@T
  • WebS@Tぜい弱性診断サービス
  • HOME
当社サーバよりインターネット経由でお客様のWebサイトやネットワークにアクセスし、セキュリティ上の問題点を見つけます。見つかった問題点を改善することにより、安全なWebサイトになります。
狙われやすいWebサイト
●上場企業、話題性のある企業。大手企業のセキュリティ強化に伴い、最近は中小企業もターゲットに。
●行政(政府サイト)、学校法人など公共性の強いサイト。
●会員情報を集めているECサイト、人材派遣会社など。
●カード会社、銀行など決済を行っている企業。
●ぜい弱性のあるサイトを無差別に検索、ターゲットに。(いたずら目的など)

ぜい弱性診断継続の必要性

システムをセキュアに運用するためにはPDCAサイクルの実践が必要です。 サイト構築のためのセキュリティPDCA
  • ◆自動診断と手動診断があり、サイトの重要度、規模などを考慮して柔軟に組み合わせた診断ができます。
  • ◆自動診断の有効な活用法として、年間を通してスケジューリングすることにより定期的にセキュリティ状態を確認することができます。
  • ◆手動診断の場合、対象項目は80項目以上にのぼり、他社に比べより詳細な診断が可能です。

また、診断箇所すべてに対しレポートを作成します。
弊社セキュリティエンジニアによる報告会、ぜい弱性発見対処後の再診断もサービスに含まれます。