WebS@T

Web改ざん検知サービス

サービスの利用、監視可能コンテンツについての質問があります。
リストにない質問については、WebS@Tカスタマーセンターまで、個別にお問い合わせください。

導入前の方向けの質問

導入前の方向けの質問

WebS@Tサービスにおける、「コモンネーム」の解釈はどのようになりますか?


監視対象のURLに含まれる、ホスト名もしくはFQDNと定義しています。
例) http://www.kaizankenchi.jp/        www.kaizankenchi.jp
   http://kaizankenchi.jp/                  kaizankenchi.jp
   https://test.kaizankenchi.jp/        test.kaizankenchi.jp

WebS@Tサービスにおける、「URL」の解釈はどのようになりますか?


http:       //       FQDN       /パス(ディレクトリ含む) と定義しています。
例) http://www.kaizankenchi.jp/contact/inquery.html
   FQDN = www.kaizankenchi.jp
   パス名 = /contact/inquery.html

監視対象ページのURL数が契約プランURL数より多くても問題ありませんか?


契約されたプランの監視対象ページのURL数が超える場合にはご利用プランの変更となります。監視対象ページのURL数を変更される前に弊社カスタマーセンター(03-5542-3289)までご連絡お願いいたします。

最低契約期間はありますか?


最低契約期間は1年となっております。

初期費用はいくらですか?


初期費用は登録作業のサポートを含め、月額費用の一か月分となっております。

どのように申し込みを行えばいいのですか?


カスタマーセンターにご利用申込書をお送りください。

サービスを利用するために何か必要なものはありますか?


特に必要な機材などはありません。ただし、システムの管理画面にはインターネット経由でアクセスすることになりますので、インターネットに接続できる環境はご用意ください。

サービスを利用するためにwebサーバの設定変更などが必要になりますか?


Webサーバの設定変更は特に必要ありません。そのままサービスをご利用いただけます。ただしクラスタリングの場合は別途ご相談ください。

設定にはどれくらいの時間が必要ですか?


監視対象のURL数にもよりますが、設定は約30分前後で完了します。

お試し利用の期間はいつまでですか?


お試し期間は最大一か月間となっております。
くわしくは弊社カスタマーセンター(03-5542-3289)までお問い合わせください。

お試し利用から正式利用へ移行した場合にお試し利用時のデータは引き継がれますか?


データを引き継ぐことはできません。尚お試し利用に登録されている監視対象URLを弊社にて設定することは可能となっております。お申し込みの際にお申し付けください。

監視対象URLは自動で決まるのですか?また自分で監視対象の選択はできますか?


監視対象階層範囲と監視ページ数を元に監視対象URLは自動で決定します。その後、非監視対象URLの削除、および監視対象のURLを追加することが可能です。

画像ファイルは監視対象に選択できますか?


画像ファイルを監視することは可能です。ただし本システムでは、画像の内容に変更があったことのみ検知可能です。全コンテンツの更新状況を厳格に監視される場合でのご利用をおすすめしております。

CGIなどで作成される動的ページの監視も可能ですか?


動的に生成されるコンテンツの監視も可能です。システムはサーバ内のプログラムではなく、プログラムが生成したコンテンツ(htmlなどのテキストデータ)そのものをチェックします。

改ざんが検知された際、どのように連絡が来ますか?


改ざんを検知した際に、お客様が指定されたメールアドレスへアラートメールが送信されます。なおメール送信先は新規マスタURL登録時およびマスタURLのアラーム送信先にて登録可能です。

改ざんを検知した際に自動復旧機能はありますか?


弊社では自動復旧を推奨しておりません。ただし、他社が提供しているソフトと組み合わせることにより自動復旧は可能となります。(費用別途)書き戻しを行うと証拠保全を行うことが難しくなり、状況把握から原因分析実施、被害拡大防止をはかる上で根本的な解決となりません。また昨今改ざん攻撃は自動的に改ざんを行う傾向があるため(改ざん対象のアクセス状況などモニタリングを行う事例があります。)改ざんされた原因の対処を行わない限り、改ざんが再度行われる場合があります。

「文章の書き換え・削除」は検知できますか?また、それを悪意のある「文章の書き換え・削除」と正規の更新は見分けられますか?


変更があれば必ず検知は可能です。改ざん者が行う改ざんパターンデータを検知する機能が実装されており、変更の特徴から改ざんと正規の更新を見分けております。なおパターンにマッチしないものは更新としか判断されない場合があります。
例) 株価サイト「証券コード:3857:259円 2010年12月29日 AM 11:21」が
   「証券コード:3857:257円 2010年12月29日 AM 11:24」となった場合

動的コンテンツの改ざんも検知できますか?


可能です。動的コンテンツの更新部分と返信されない部分を見分けて監視を行うことが可能です。監視対象URL登録時に「動的ファイルの監視」項目をチェックすることで設定可能です。

ページの先頭へ

まずは無料でお試し利用をお申し込みください。

WebS@Tサービスの導入を検討されている場合は是非お試し利用をお申込み下さい。
お試し利用では、WebS@Tサービスを一か月間、すべて無料でお使いいただけます。

e会議に関するお問い合わせ・お申し込みは

WebS@Tカスタマーサポートセンター

☎03-5542-3289 FAX.03-5540-6530

受付時間/月曜日〜金曜日(土・日・祝日を除く)午前9:00〜午後5:30